2009年08月28日

Build Live Tokyo 2009 Part2のお知らせ

Build Live Tokyo 2009 Part 2


次項有2009年9月9日(金)18:00開始!!


September 9 2009, 18:00 Start





Build Live Tokyo 2009 II


見学登録、参加登録のサイトはこちら
位置情報http://www.iai-japan.jp/event_seminar/index.html


一般社団法人 IAI日本
buildingSMART Japan, 2009
posted by FATBIM at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月18日

3月19日(木)がデータ共有サイト期限です

Build Live Tokyo 2009見学者の皆様へお知らせです。

各チームのBIM成果物が格納されているデータ共有サイト(アルファオフィス)は、今週19日(木)をもって使用期限切れとなり、データは抹消されますので必要であれば各自でデータのダウンロードなどをお願いいたします。

Build Live Tokyo 2009公式ブログサイトには、各チームのモデルデータをIFC形式として掲載する予定です。
posted by FATBIM at 08:12| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月04日

モデルデータ精査およびアワード

【モデルデータ精査およびアワードについて】

 Build Live Tokyo 2009では、予想を上回る内容の濃いBIM成果物が数多くデータ共有サイトに提出されました。各チームの48時間にわたる努力の結晶の賜物です。参加者皆様のご協力、ご支援に対し、この場を借りて厚く御礼を申し上げます。

 また、皆様への御礼とご報告が遅くなりましたことをお詫び申し上げます。

 IAI日本FAT分科会は、2月27日の講評ではカバーし切れなかったより詳細なデータ共有サーバ内のモデルデータの精査を行い、各チームのBIM成果物の全容を本Webサイトで紹介するとともに、アワードを選定することを決定いたしました。
 
■モデルデータの精査:
 モデルデータ内容の確認、設計課題条件との比較、IFCデータ内容調査(オブジェクト統計指標)、IFCデータインポートテスト等を行います。
■アワードの選定:
 上記モデルデータ精査や講評資料等を基に、3月25日にアワードを選定し発表する予定です。またIAI日本や関連団体とのセミナーにおいて、各チームの発表の場設定を計画中です。


 データ共有サイトは3月19日に終了の予定ですが、当Webサイトにはモデルデータ(IFC, KMZ等)や、選定されたイメージデータ等を掲載し、ダウンロードできるようにいたします。

 Build Live Tokyo 2009の開催目的は、BIMおよびIFC利活用の理解を深めるために、その体験の場、気付きの場、きっかけを提供することでした。Build Live Tokyo 2009実行委員の裏方の皆様、チーム参加された皆様が時間、労力を費やした活動の結果が、今回の成功につながったものだと信じております。
 今後とも皆様のご協力ご支援をよろしくお願いいたします。

IAI日本 FAT分科会一同
posted by FATBIM at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月27日

申し訳ございません・・・・

 申し訳ございません・・・あせあせ(飛び散る汗)



余りにデータが素晴しく、
見入っているうちに、16時過ぎちゃいました・・・



誠にもう分けございませんが、暫し、ご休憩ください・・・・


posted by FATBIM at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

◆◇◆カテコリ別ファイル登録数◆◇◆

録されたファイルをカテゴリ別にグラフにしました!

各チームにより傾向に違いが!!


2-1.jpg


2-2.jpg







posted by FATBIM at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

◆◇◆登録データ数・量の推移◆◇◆

αオフィスに登録されたファイル数とサイズをグラフにしました。
すごい数です!!

 ご覧ください。



●BLT2009 時間ごとのファイルアップロード数
ファイル数累計-1.JPG

●BLT2009 時間ごとのファイルサイズ
ファイル容量累計-2.JPG
posted by FATBIM at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12時 作業終了!!

 48時間、終了いたしました

皆さん、本当にお疲れ様でした。
長くて短い48時間だったのではないでしょうか!

余りのデータのアップの多さにビックリしております。
見学者の皆さんも全部見れていますか?


本日、16時頃、講評結果をアップさせていただきます。


楽しみにお待ちください!

posted by FATBIM at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■■■ CO2吸収量! ■■■

◇◇◇ CO2吸収量レポート! ◇◇◇


CO2吸収量のほか、木々にあつまる鳥や蝶の種類がレポートされています!

0227_Co2_SKUNK_吸収グラフ.jpg

0227_Co2_SKUNK_鳥リスト.jpg



↓↓↓詳細データはアルファオフィスから↓↓↓
01-02 Team: スカンクワークス > 03-02 環境シミュレーション
posted by FATBIM at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■■■ CO2排出量シミュレーション ■■■

◇◇◇ 環境シミュレーション CO2排出量の解析データがアップされています! ◇◇◇

Team the BOMb のコメントでは、『今回は計算の試行のみ』とありますが、価値ある取り組みですよね!

SolarDesigner簡易CO2検証.gif

↓↓↓詳細データはアルファオフィスから↓↓↓
01-03 Team: the BOMb > 03-02 環境シミュレーション


posted by FATBIM at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月25日

Build Live Tokyo 2009開始!

 いよいよBuild Live Tokyo 2009開始時間が来ました。データ共有サイトの中身をチェックして開始してください。BLT2009 -> 00-03 パイロットチーム例 -> 02-02 BIM資料 に入っている、モデリング概要.doc, BIMデータ連携概要.xlsのコピーおよび記入もよろしくお願いいたします。
 参考情報として、面積関連の情報が追加された設計条件の最終版を以下に掲載いたします。

【研究所部門】
■当研究所内での研究はおおむねデスクワーク中心で実験室での実験は騒音・振動・有害物質の排出等がないものとする。
■研究室ゾーン(研究室、実験室、企業内打合わせ室、実験資材庫等 テナント企業が独占的に使用する部分):16000u以上確保する。
■研究室ゾーンの部屋の種類と大きさは提案者にゆだねる。ゾーニングのみの計画でもよいが具体的なアイデアの提案を歓迎する。
■センター内企業が研究業務のために共同で利用するゾーン(図書室、データセンター、共同会議室、外来者打合わせラウンジ等):合計1100〜1500u程度もうける。その内容は提案者にゆだねる。
■センター内研究所員が共同で利用できる厚生・利便サービスのためのゾーン(食堂、医務室、売店、スポーツ施設等):合計1400u〜1800u程度もうける。その内容は提案者にゆだねる。
■その他必要な施設管理用所室、設備機械室、設備スペース、WC等のユティリティ、交通スペースを適切に設ける。
■研究所への外来者のための駐車場を設ける。30台以上設ける。形式は自由。

【会議センター部門】
■大小会議室:合計1000u以上もうける。(ロビー部分を除く)そのうち最大のものは500u以上とする。
■来場者用食堂:厨房を含めて300〜400uを設ける。
■その他必要な施設管理用所室、設備機械室、設備スペース、WC等のユティリティ、交通スペースを適切に設ける。

【展示場部門】
■屋内展示スペース:3000u以上もうける。
■屋外展示スペース(太陽光発電・緑化技術等)も設ける。ゾーニングのみの計画でよいが展示のための外構計画の提案を歓迎する。
■その他必要な施設管理用所室、設備機械室、設備スペース、WC等のユティリティ、交通スペースを適切に設ける。
会議センター展示場来場者用駐車場は60台以上もうける。(屋外屋内は問わないが機械駐車は不可とする。)

【その他】
■設備機械所室、ゴミ処理室/保管場所は2敷地あわせて共有してもよい。
■公園内施設の提案も歓迎する。


下記の6チームの皆様、参加登録いただきありがとうございました。
<チーム名> V-SPEC
    株式会社 ビム・アーキテクツ 山際 東 様

<チーム名> スカンクワークス
    前田建設工業株式会社 綱川 隆司 様

<チーム名> the BOMb
    Autodesk Revit User Group Japan 伊藤 久晴 様

<チーム名> Hokutosei
    福井コンピュータ株式会社 村上 隆三 様

<チーム名> Archi-TEKLA
    大脇 茂弘 様

<チーム名> LEI
    東北工業大学 許 雷 様
posted by FATBIM at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月21日

サービスプロバイダ利用について

Build Live Tokyo 2009では、参加チームはサービスプロバイダに対してBIMデータをデータ共有サイトにおいて提出することにより、風・熱環境・天空率等のシミュレーションサービスを利用することが出来ます。
今回は、下記の3つのサービスプロバイダから協力をいただいております。

エーアンドエー株式会社様:
 サーモレンダーによる熱環境シミュレーションサービス
株式会社環境シミュレーション様:
 WindPerfectによる風環境または温熱環境のシミュレーションサービス
生活産業研究所株式会社様:
 ADSによる日影・天空率シミュレーションサービス
:一チーム、同じサービスプロバイダに対しては最大2回、Build Live期間中において合計で4回までの利用とします。サービスプロバイダの処理能力に限界がありますので、場合によってはサービスプロバイダ利用が出来ないこともありますので、ご了承ください。

シミュレーションサービス受付方法、シミュレーション内容、受付データフォーマット等の情報は、データ共有サイトの下記ファイルキャビネット
 BLT2009 -> 00-04 サービスプロバイダ 
以下の、各サービスプロバイダー様のフォルダ内に下記の内容を記したガイドラインが今後アップロードされますので、それをご覧ください。
【シミュレーション受付】
 ■処理時間
 ■サービス受付スケジュール
 ■順番
【シミュレーションシナリオ】
 ■想定利用場面
 ■シミュレーション内容
 ■シミュレーション結果内容
【受付データフォーマット】
 ■建物データ形式
 ■BIMデータ内容
 ■その他
posted by FATBIM at 02:10| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月18日

設計課題(3):設計条件参考情報

Build Live Tokyo 2009の設計条件を参考情報として公開いたします。
デザインや提案内容の幅を狭めないため、この設計条件はあくまでも参考情報として用いてください。

敷地モデルデータは、近日中にデータ共有サイトにIFC, KML, DXF等の形式でアップロードされます。敷地モデルにある道路、公園等の敷地形状も参考情報として活用し、より良い物として提案内容としてもらえれば幸いです。として

それでは以下に、設計条件の参考情報を掲載いたします。目安として活用してください。

【研究所部門】
■当研究所内での研究はおおむねデスクワーク中心で実験室での実験は騒音・振動・有害物質の排出等がないものとする。
■研究室ゾーン(研究室、実験室、企業内打合わせ室、実験資材庫等 テナント企業が独占的に使用する部分)
■研究室ゾーンの部屋の種類と大きさは提案者にゆだねる。ゾーニングのみの計画でもよいが具体的なアイデアの提案を歓迎する。
■センター内企業が研究業務のために共同で利用するゾーン(図書室、データセンター、共同会議室、外来者打合わせラウンジ等)
■センター内研究所員が共同で利用できる厚生・利便サービスのためのゾーン(食堂、医務室、売店、スポーツ施設等)
■その他必要な施設管理用所室、設備機械室、設備スペース、WC等のユティリティ、交通スペースを適切に設ける。
■研究所への外来者のための駐車場を設ける。

【会議センター部門】
■大小会議室
■来場者用食堂
■その他必要な施設管理用所室、設備機械室、設備スペース、WC等のユティリティ、交通スペースを適切に設ける。

【展示場部門】
■屋内展示スペース
■屋外展示スペース(太陽光発電・緑化技術等)も設ける。ゾーニングのみの計画でよいが展示のための外構計画の提案を歓迎する。
■その他必要な施設管理用所室、設備機械室、設備スペース、WC等のユティリティ、交通スペースを適切に設ける。

【その他】
■設備機械所室、ゴミ処理室/保管場所は2敷地あわせて共有してもよい。
■公園内施設の提案も歓迎する。
posted by FATBIM at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

OPSによるBIM計画モデル作成

OPS(Onuma Planning System)は建築計画(プログラミング)段階のBIMモデル作成を行う、インターネット上で動作するASP型のBIMツールです。
図のように、Google Earthと連携して敷地情報、建築計画モデルデータを作成して可視化することが可能となります。OPSで作成した情報はIFCを介してBIMに対応した3次元建築CADへデータ連携することが出来ます。

OPS_plan4_1.png
:OPSにより作成されたBIM計画モデルをGoogle Earth上で表示している例

続きを読む
posted by FATBIM at 04:09| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月13日

設計課題(2):敷地概要

Build Live Tokyo 2009の敷地概要を公開いたします。下記の情報を参考としてください。
デザインや提案内容の幅を狭めないため、敷地レイアウトは参考情報として用いてください。
敷地モデルデータに関しては、近日中にデータ共有サイトにIFC, KML, DXF等の形式でアップロードされます。

【敷地概要】
■用途地域: 準工業地域
■容積率限度: 300%
■建蔽率限度: 60%
■第3種高度地区
■日影規制: 5時間-3時間-4M

■西敷地 約10000u 前面道路12m
■東敷地  約9500u 前面道路12m
■北東側に公園があります。
posted by FATBIM at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月08日

設計課題(1):計画建物「環境技術研究センター」

【計画建物】「環境技術研究センター」に決定!

環境技術関連企業の共同研究所施設およびそれと連携する会議センターと展示施設が設計課題となります。

研究所部門
環境技術にかかわる複数企業の技術の統合を目的にした研究施設。
会議センター部門
各企業/企業グループの研究成果の発表、新製品発表、環境問題に関する市民の啓蒙、環境保護市民活動のための集会に利用します。
展示場
環境技術関連(太陽光発電・緑化技術等)の製品展示、環境ミュージアム等の機能を持つ建物。

次回の設計課題情報は、敷地概要(用途地域、容積率限度、日影規制等)に関してです。近日公開です。
posted by FATBIM at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月03日

敷地情報ニュース(2)

Build Live Tokyo 2009の敷地情報公開第2弾です。敷地は大きく2つに分かれており、隣接して公園があります。

BLT2009 敷地 IFCデータ

周辺建物および敷地の情報を、まずIFC形式により公開開始いたします。
IFCデータ(BLT2009_site_2.ifc) ダウンロード
続きを読む
posted by FATBIM at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月27日

いよいよ参加登録が開始

IAI日本のウェブサイトにおいて、Build Live Tokyo 2009の参加登録が始まりました。

BLT2009参加登録

【参加者】
実際にBuild Liveを行うプレーヤーです。
チームリーダが代表して「お申し込み」フォームからチーム名やメンバーの情報を登録することになります。
データ共有サイトの閲覧及びアップロードのアクセス権が発行され、メールマガジン登録がされます。

:「お申し込み」フォームでは、メンバー数が5名までの記入となっておりますが、5名以上の場合:
Build Live Tokyo事務局
E-Mail : BuildLive@iai-japan.jp
まで、チーム名および6名以降のメンバー情報を明記して送ってください。

【見学者】
データ共有サイトのアクセス権が閲覧のみとなりますが、メールマガジン登録もされます。
Build Liveへ参加している各チームが、どのようなBIMを行っているのかを観戦することができます。

【メールマガジン配信】
メールマガジンへの登録のみとなります。

posted by FATBIM at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月22日

あのBIMStormのOPSが体験可能に!

今回、BIMStormで使用されているOPS(Onuma Planning System)をBuild Live Tokyo 2009でも試すことが出来るようになりました。OPSは、Webブラウザ上の操作でシンプルなBIMモデルを非常に簡単に作成することが出来る、Google Earthと連携して動作する目から鱗のオンラインBIMアプリケーションです。IAI日本では、今回OPS講習会を行うことを計画しています。

BIMStormとは、アメリカのBIM先駆者であるOnuma氏が考案したBIMをオンライン上で共同作業により短時間で体験するバーチャルな設計コンペです。
例えば、与えられた敷地の課題に対して48時間以内に、意匠・構造・設備モデリング、CG・ムービー作成、環境シミュレーション等をIFCを中心としたデータ連携により、Web上でチームワークによって行います。チームによってBIMのゴール設定を行い、自由にBIMのプロセスを体験するのがBIMStormの目的で、厳しいルールがあるわけではありません。
BIMStormは、BIMを難しく考えず、シンプルなモデルでもデータ連携により様々な活用場面があることを実際に体験し、BIMへの気付きの場であるともいえます。

下の図は、2008年6月にロンドンを舞台に行われたBIMStormイベントであるBuild London Liveにおいて、IAI日本が中心となって結成したTeam BIM JapanがOPSで作成したコンセプトBIMモデルです。

【参考】甦れ!日本の建築2008「究極のフロントローディング!48時間で意匠から環境解析までを実行」

Build Live London Team BIM JapanのOPS出力
:Team BIM JapanがOPSで作成したコンセプトBIMモデル

続きを読む
posted by FATBIM at 02:28| Comment(0) | TrackBack(1) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月21日

敷地情報ニュース(1)

2月25日12:00に開始される、Build Live Tokyo 2009の敷地が決まりました。

東京・豊洲付近にある、架空の埋立地が今回の課題です。より詳細な情報は今後このWebサイトでお知らせする予定です。
下記イメージのモデルデータは、IFCおよびDXF形式等でデータ共有サイトからダウンロードできるようになります。

この敷地に計画する建物用途や設計条件等も、近日中に詳細がこのWebサイトで徐々に明らかになっていきます。

Google Earth [KML]形式のデータはここ(敷地情報 KML [ZIP])からダウンロードしてください。ZIP形式なので、一度ダウンロードしてから解凍して下さい。
敷地イメージ
posted by FATBIM at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月16日

Build Live Tokyo 概要

Build Live Tokyo 2009の全体像を示した図です。
左から右へ、Build Liveの事前活動、Build Live本番、その後、という流れに沿って、全体の活動を図にしています。


IAI_FAT_outline_thumnail.png

[PDF]ファイル


参加者:実際にBuild Liveを行うプレーヤーです。チームリーダが代表してIAI日本のWebページからチーム名、メンバー情報等を登録することになります。メルマガへの登録、データ共有サイトへのアクセス権を入手できます。登録Webページが出来ましたら、このWebサイトでお知らせいたします(1月下旬予定)。

Build Liveでは、事前に公開される敷地データ、設計条件等を元に、意匠モデル・構造モデル・設備モデル・統合BIMモデル・プレゼンテーション資料(CG, PPT, 3D PDF, ムービー等)の作成、各種シミュレーション等を行い、データ共有サイトの自チームのデータファイルキャビネットへタイムリーにアップロードします。

:必ずしも、意匠・構造・設備の全てのモデリングを行う必要はありません。各チームは自分のBIMテーマを決めて、そのプロセスをアピールできれば、Build Liveでは好印象となります。

見学者:見学者登録することによりデータ共有サイトへのアクセス権を入手できます。
Build Liveへ参加している各チームが、どのようなBIMを行っているのかを観戦することが出来ます。

サービスプロバイダ:Build Live中に、参加者は一定の条件でサービスプロバイダへBIMデータを提出することにより、所定のシミュレーション・解析サービスを受けることが出来ます。現在、風環境シミュレーション、熱環境シミュレーションのサービスプロバイダーが参加予定です。是非、この機会にBIMデータ連携によって各種シミュレーションの威力を試してください。

審査メンバー:参加者がBuild Live締め切りまでにデータ共有サイトへアップロードした、BIMデータ、IFCデータ、CG、アニメーション、シミュレーション結果等を総合的に評価し、様々な観点から講評を発表する予定となっています。

データ共有サイト:Build Live終了後もしばらくはアクセスが可能です。Build Live Tokyoへ登録した参加者・見学者の皆様は、Build Live中に作成された様々なデータをダウンロード可能です。


posted by FATBIM at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。